プロフィール

プロフィール

店長 三島

はじめて来られた方へ

2011年6月29日

賞状作成ならお任せ下さい!!

賞状とは定義として、一般的には団体、個人の競技や研究などに対し、その優秀なる成績を賞め讃えて、主催者が入賞者に授与するものです。

右肩には「優勝」または「第何位」等の競技や学績の結果順位が記載され、本文の末尾は、「これを賞する」となります。

 

いろいろな場面で活躍する「賞状」は、スポーツ・競技、文化活動、イベント、学術・学会、営業成績など、様々な用途で用いられます。

sj_013

当店では用途に合わせて、文例サンプルもご用意しております。

 

例えば営業成績なら

『貴社は省エネ型ヒートポンプ製品の販売代理店として
本年度の販売目標を見事達成されました
よってここに記念品を贈りこれを賞します』

などです。

もちろん参考までにですので、御自分で作成するのもOKです!

 

ぜひ素敵な賞状を作成してくださいませ。

category:スタッフブログ 賞状 | at 7:20 am | コメントは受け付けていません。

2011年6月17日

賞状作成時の書き方・マナー③

多くのマナーが存在しますが、賞状を作成する上でももちろんマナーはあります。

 

例えば、表彰状の受賞者名には、個人又は団体を問わず敬称(「殿」、「君」、「さん」など)を付けます。

ただし、賞状には、原則として敬称を付けません。

hj_06

また表彰状は本文のはじめの呼掛けの語句は、個人の場合 「あなた」、「君」 とし、

団体の場合は 「貴社」、「貴組合」、「貴町」、「貴校」とします。

個人でグループの場合には 「あなたがた」、「皆さん」、「皆さんのチーム」などとなります。

 

そして表彰状は文書はなるべく短く区切り、簡潔な表現にしますが、「なぜ賞するか。」「どのように賞するか。」「何を賞するか。」については、出来る限り具体的に書くのが一般的です。

 

これらは基本的なマナーの1つですが、もちろんこれらにとらわれず自由に書くのも、またいいものです。

ご参考までに・・・。

 

category:スタッフブログ 表彰状 豆知識 賞状 | at 23:18 pm | コメントは受け付けていません。

2011年6月11日

主文の終わりにもいろいろとあります。

賞状を作成すると、主文の終わりに「~賞します」とありますよね。

あれは賞状により色々あるのです。

 

表題が賞状であれば主文の終わりは「賞する」「賞します」となります。

感謝状であれば「謝意を表する」「感謝の意を表します」となります。

表彰状であれば「表彰する」「表彰します」と表現して表題と主文とは一致させます。

28

 

もちろんこれらは一般的な賞状の書き方であり、特に意識することでもないかもしれません。

賞状は作る人が送る人に、どんな気持ちを込めるかだと思います。

 

もうすぐ父の日ですが、あなたなりの言葉で感謝の文章を書くのも素敵だと思います。

世界に一枚の賞状になりますね。

 

もちろん書き方など、分からないことがあればご連絡下さい。

一緒に素敵な賞状を作成いたしましょう!

 

category:スタッフブログ 感謝状 表彰状 豆知識 賞状 | at 0:04 am | コメントは受け付けていません。

2011年6月4日

賞状用紙の種類と色も選べます

賞状を作成する段階で、当店ではまずどんな賞状を作成するのか、選択してもらいます。

 感謝状か、認定証書か・・・などですね。

 

それが決まったら次に、コース選びです。

特撰筆耕コース、筆耕複写コース、標準印刷コースと3種類から選択していただきます。

 

 

その後には賞状用紙の種類と色の選択です。

用紙の種類は鳳凰枠のあり・なし等を選択していただき、用紙のは「白」と「クリーム」からお選びくだくようになります。

 

白は白地に鳳凰枠が真鍮色で印刷されており、団体、個人の競技や研究の賞状などにお勧めです。

クリームはクリーム地に鳳凰枠が赤銅色で印刷されており、表彰状や卒業証書などにお勧めです。

faq_02

 

(※作成する賞状のメニューや、コースによって、選択できないものや、すでに決定されているものもあります)

 

賞状作成はお客さまに行っていただくので、細かくお客様のご要望にお応えする意味でも、たくさんの項目を設けました。

 

納得のいく賞状作成を行ってもらい、当店ではそれを素敵に仕上げさせて頂きます!

category:スタッフブログ 作成の手引き 賞状 | at 15:06 pm | コメントは受け付けていません。

2011年6月2日

賞状作成のご案内

賞状を作成するなら、ぜひ当店にお任せ下さい。

賞状といってもいろいろな用途で使われますよね。

スポーツ・競技、文化活動、コンクールなどなど・・・様々なものに活用できます。

 

賞状とは、一般的には団体、個人の競技や研究などに対し、その優秀なる成績を賞め讃えて、主催者が入賞者に授与するものです。

右肩には「優勝」または「第何位」等の競技や学績の結果順位が記載され、本文の末尾は、「これを賞する」となります。

 

よく運動会なんかでももらうのが、この一般的な賞状になるのではないでしょうか。

 

sj_01

 

賞状の簡単な料金紹介ですと、

特撰筆耕コースで賞状用紙A3の場合、1枚10000円となります。

筆耕複写コースですと、賞状用紙A3の場合、40枚で56000円となります。

標準印刷コースですと、賞状用紙A3の場合、40枚で32000円となります。

 

それぞれ、枚数や内容によっても金額は前後致します。参考例ですので、正しくは料金表をご確認の上、御注文下さいませ!

category:スタッフブログ 賞状 | at 23:08 pm | コメントは受け付けていません。